ソチ冬季オリンピック 葛西選手 

レジェンド 葛西選手。

 

 

 

もう、ご存知の
葛西選手

 

ソチ冬季オリンピック
41歳での初めての個人の銀メダル。

 

20代の選手が活躍する
スキージャンプ界

 

41歳でのメダル獲得をまさに、
レジェンド
称賛されました。

スポンサードリンク

 

あきらめの悪い男です。

 

葛西選手は、
今回のソチで何と7回目の、
オリンピックでの挑戦です。 

 

4年ごとの大会で25年ですか。

 

でも、普通は、
25年間だったら、
途中で諦めませんか

 

葛西選手は、
おそろしく、
諦めの悪い男じゃないですか。

 

まさにレジェンドです。

 

ましてや、一番、
メダルに近い、
20代をとうに過ぎているのであれば。

 

気力と体力を維持し続けるのは、
並大抵の努力ではなかったのでしょう。

 

絶対にあきらめず、
長年の努力の末に、
とうとうつかんだ栄光

 

これこそが、
まさにレジェンドですね。

 

努力を続けています。

 

オリンピックでは、
全ての選手がメダルを目指して
技を磨き、肉体と精神を、
鍛え直して本番に臨みました。

 

力を出し切った人や、
不本意に終わった人、それぞれでした。

 

今回、私が感じたのは、
メダルや自分の目標に向かって、
長い間、努力を続けた方が、
結果を出した方が、
何人かいたということです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

中高年の希望の星。

 

そんな中で葛西選手には、
感動と私への、
叱咤激励をいただきました。

 

あの飛んでいる姿は、
何かを成そうとする人への、
応援歌のようです。

 

皆がとっくに諦めた年齢になっても、
前を見て飛び続け、
やっと夢をつかんだのです。

 

葛西選手の雄姿は、
特に人生を諦めつつある、
中高年の希望の星となりました。

 

応援歌がありました。

 

人には、時として、
応援者が必要ですよね。

 

ところで、
あの葛西選手にも、
応援歌があったのです。

 

ジャンプの前まで、
その曲を聞いていたそうです。

 

その歌が、
葛西紀明選手の応援歌、
Wonder Jump
神風喝采が飛ぶ
 です。

 

曲中の神風、
喝采が飛ぶは、
神風葛西が飛ぶと聞こえます。  

 

私たちも諦めずに、
前を見てがんばりましょう。

スポンサードリンク