年越しそばは大晦日の夜に食べます。

大晦日の夜に年越しそば。

 

 

 

年末には
特に大晦日には
様々な行事が行われます。

 

その大晦日の夜に
楽しみにしていることがあります。

 

それは、
紅白歌合戦の後に食べる
年越しそば」です。

 

うどんより
そばが大好きな私は
いつも楽しみにしています。

スポンサードリンク

 

新しい年を迎える前に食べます。

 

年越し蕎麦(そば)とは、
新年を迎える前に、
食べる料理のことです。

 

大晦日の、
11時頃には食べられるよう、
準備します。

 

行事は遅くとも、
1814年には、
文化として定着しています。

 

日本全国で、
様々な家庭が、
年越しそばを作ります。

 

 

年越しそばで新年を迎えます。

 

 

年越しそばは、あちこちで販売。

 

もちろん年越し蕎麦を作る為に、
必要な材料を売る際に、
お店側は宣伝も行っています。

 

そのために、
誰もが簡単に、
作り出せるようになりました。

 

また、おそば屋さんでは、
店頭販売で、
家庭で食べられる、
おそばを販売します。

 

さらにコンビニでは、
インスタントのおそばまで、
売られています。

 

大晦日には、日本全体では、
いったいいくら程の、
おそばが食べられるのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

本当に年を越してから食べる。

 

また年越し蕎麦による、
行事の内容は、
各地域によって、
ある程度異なっています。

 

地方による影響を、
受けていることが分かります。

 

 

年越しそばは地域で違います。

 

 

例えば新潟県では、
1月14日に、
蕎麦を食べる風習があります。

 

福島県のある地域では、
元旦に、
蕎麦を食べることもあります。

 

このように、
同じ年越し蕎麦であっても、
違いがあります。

 

人々の生活形式が、
ある程度、
異なっていることが分かります。

 

 

有名なそば屋には行列が出来ます。

 

 

年越しそばを食べて新しい年を。

 

年越し蕎麦を食べる際には、
新年を迎えるカウントダウンを、
確認する方も多くいますので、
特別な料理だと言えます。

 

やっぱり、
大晦日に年越しそばは、
無くてはならないものですよね。

スポンサードリンク