年末年始の行事や風習、元旦に行う。

元旦に行う行事。

 

 

 

年末年始に行う
行事や風習の中で
元旦に行うものを紹介します。

 

ここでは、初日の出や
正月飾りである
門松、しめ縄などを紹介する。

 

鏡餅、お節(おせち)料理
お雑煮などの
お正月料理も楽しみです。

スポンサードリンク

年末年始の行事や風習、元旦に行う。 記事一覧

初日の出(はつひので)とは元旦である1月1日に確認出来る日の出のこと。新年の最初の夜明けとして知られていますよね。太陽の光を浴びる為に初日の出スポットを準備する方は非常に多いのです。

無事に新年を迎える為に正月飾りを早めに購入する方は多くいます。門松・しめ縄・鏡餅といった道具は1年の健康と幸せを願う為に使われる物のことであります。年末から大掃除を開始して綺麗な状態にする方は多数いるのです。ただし喪中の家は門松・しめ縄・鏡餅といった正月飾りを使用する必要はありませんので注意しましょう。

お正月にはお節料理を食べます。お節(おせち)料理とは「お節句(おせちく)」の略で、神様に供える料理のことをいいます。元々元旦や節句の日に用意するものでした。今では正月に重箱に詰められた料理のみが「お節」と呼ばれるようになりました。

お正月では様々なイベントが催されます。中でも特に注目されるのはおせち料理・お雑煮だと言えます。おせち料理では様々な素材を活かした作りをしている料理を味わえます。お雑煮では食べごたえのあるお餅を食べられるのでどちらも人気です。