除夜の鐘は108の煩悩を祓います。

除夜の鐘は108回。

 

 

 

年末年始
開催される行事は
多数ありますよね。

 

中でも特に
知名度が高いのは
除夜の鐘です。

 

除夜の鐘とは
大晦日の深夜0時を挟む
時間帯につく鐘のことです。

 

煩悩(ぼんのう)の数である
108回も鐘を撞くので
長い間、音を聞けますよ。

スポンサードリンク

 

除夜の鐘は煩悩を祓います。

 

除夜の鐘では、
人の心の乱れとなる、
108の煩悩(ぼんのう)を、
はらう為に行われている行事です。

 

新年は清々しい気持ちで、
迎えることが出来るように、
心の準備する目的もあるのです。

 

 

除夜の鐘で新しい年を迎えましょう。

 

 

除夜とは古いものを捨てる夜。

 

元々除夜というのは、
除日の夜のことです。

 

除という字には、
古い物を捨て去り、
新しい物へと変えるという、
意味があります。

 

除日とは、
最終日という意味でもあるので、
大晦日を指す言葉だと言えます。

 

このように除夜の鐘というのは、
様々な意味がありますから、
毎年の大晦日に行われます。

 

 

今年の悪いことを祓います。

 

 

すべての人のために突きます。

 

除夜の鐘には、
宗教に属していない方々にも、
煩悩を祓う効果が、
あると考えがあります。

 

そのために、
全ての人が等しく、
祝福を受けられる行事です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

海外では音楽や花火を用います。

 

海外では、
除夜の鐘のような行事ではなく、
音楽や花火といった方法を用いて、
お祝いするようになっています。

 

 

除夜の鐘で静かに新年を迎えたいな。

 

 

国によって内容は、
異なっていることが分かります。

 

このように、
それぞれの国によって、
作り出された文化の違いがあります。

 

除夜の鐘を通じて、
世界との違いを、
認識する方も多くいます。

スポンサードリンク