鏡開きで正月の儀式が全て終わります。

鏡開きにぜんざいを食べる。

 

 

 

鏡開きとは
ぜんざいを食べる日です。

 

これは、若いころに
漠然と思っていた
鏡開きのイメージです。

 

甘党の私は、
密かに鏡開きには、
ぜんざいが食べられると
楽しみにしていました。

 

1月11日は
「鏡開き」の日です。

 

鏡開きとは
年神様にお供えした鏡餅
下ろして、その餅を食べる日です。

 

やっぱり
餅を食べる日じゃないかと
言われそうですね。

スポンサードリンク

 

武家社会の風習。

 

でも、お餅を、
ただ食べるだけじゃありませんよ。

 

年神様に感謝して、
一家の円満と繁栄を願いながら、
有難くいただく習わしなのです。

 

もともと、
武家社会で、
行われていたものなのです。

 

それが一般家庭まで、
広がったといわれています。

 

 

鏡餅は、武家社会が始まり。

 

 

武家社会が表れます。

 

餅を刀で切るのは、
切腹につながり、
縁起がよくないのです。

 

そこで、手で割ったり、
木槌(きづち)でたたいたりして、
食べやすくします。

 

また「切る」は、
忌み言葉ですので、
「開く」という縁起の、
良い言葉に代えたのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鏡開きでお正月が終わります。

 

年神様に供えた鏡餅を下げて、
その形が無くなることで、
正月の終わりとしたのでしょうね。

 

私も同様に、
この鏡開きをすることで、
お正月の儀式の全てが終わり、
正月気分もなくなります。

 

また普段の日常が始まる日が、
鏡開き」だと、
個人的にはそう思っています。

 

やっぱり、ぜんざいで食べたい。

 

ところで、ひらいた餅は、
ぜんざいなどにして食べます。

 

そのままでは固くて
とても食べられませんね。

 

そこで霧吹きや、
水につけるなどして柔らかくします。

 

そして、
ぜんざいや雑煮などにするのです。

 

 

我が家でもぜんざいにして食べました。

 

 

やはり、鏡開きの、
ぜんざいを食べないと、
私のお正月は終わらないのです。

スポンサードリンク