正月飾り・門松・しめ縄・鏡餅

正月飾り・門松・しめ縄・鏡餅

 

 

 

無事に新年を迎える為に
正月飾りを早めに
購入する方は多くいます。

 

門松・しめ縄・鏡餅といった道具は
1年の健康と幸せを願う為に
使われる物のことであります。

 

年末から大掃除を開始して
綺麗な状態にする方は
多数いるのです。

 

ただし喪中の家は
門松・しめ縄・鏡餅といった
正月飾りを使用する
必要はありませんので注意しましょう。

スポンサードリンク

 

門松の意味。

 

正月飾りとなる、
門松・しめ縄・鏡餅に、
それぞれ独自の意味があります。

 

門松(かどまつ)は、
長寿を願う意味を持って、
作られた道具のことである。

 

12月26日から
30日の間に飾るのが、
決まりとなっています。

 

門松をたてると、
一変にお正月を迎える、
雰囲気になってしまいますよね。

 

 

門松をたててお正月を迎えます。

 

 

しめ縄の意味。

 

しめ縄は、
家に災いが入り込むのを、
防ぐ目的で生み出された物です。

 

門松と、
同じ日に飾るのが、
慣わしとなっているのです。

 

 

鹿児島市役所のしめ縄です。

 

 

しめ縄にしろ、門松にしろ、
日本のお正月を迎えるしきたり、
清々しくていいですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鏡餅の意味。

 

最後に鏡餅ですが、
こちらは歳神への、
供え物となっています。

 

健康を祈願する、
目的として作られました。

 

 

鏡餅の準備をしてお正月を迎えます。

 

 

鏡餅は、
床の間に飾るのが、
基本となっています。

 

そうした場所が無い家の場合は、
玄関やテレビの、
上に置くようにします。

 

 

鏡餅は様々な場所に置かれます。

 

 

正月飾りの意味を確認する。

 

このように、
門松・しめ縄・鏡餅といった、
正月飾りには様々な意味があります。

 

こうした点を意識して、
置くことで恩恵を理解出来ます。

 

 

照国神社の門松としめ縄です。

 

 

余裕がある際には、
これらの正月飾りを置く際に、
意味について再度確認しましょう。

 

それから、
1年間健康に暮らせるよう、
祈願するのが良いでしょう。

スポンサードリンク