クリスマスはキリスト教のお祭りです。

日本のクリスマス。

 

 

 

12月の暮れには
多くの人々が待ち望んだ
一大イベントがあります。

 

そうです
クリスマスです。 

 

12月24日のクリスマスイブと
12月25日のクリスマスを
迎えるまでは街は
クリスマス一色になります。

スポンサードリンク

 

クリスマスの夜の過ごし方。

 

御存じのように、
家庭ではクリスマスケーキを囲んで、
クリスマスパーティをおこないます。

 

子どもたちには、
パパさんのサンタクロースから、
クリスマスプレゼントが届きます。

 

若者たちは、
クリスマスの夜は、
二人で過ごします。

 

高級レストランでさえも、
この日は予約でいっぱいです。

 

ロマンチックな中で、
プロポーズのクリスマスプレゼントが、
あるかもしれません。

 

街中もクリスマス一色です。

 

クリスマスソングが流れる街中には、
イルミネーションに輝く、
クリスマスツリーが飾られます。

 

サンタの帽子をかぶった、
店員達がクリスマスプレゼントや、
ケーキを売っています。

 

本来はキリスト教のお祭り

 

日本人ならだれもが、
ウキウキするクリスマスです。

 

でもクリスマスって、
キリスト教のお祭りですよね。

 

仏教と神道の多い日本で、
なぜこんなに祝うのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

クリスマスは降誕祭のこと。

 

そもそも、
クリスマスってなんでしょう。

 

クリスマスとは、
イエスキリストの誕生を、
祝うお祭りなんです。

 

約二千年前、キリストが、
ベツレヘムの、
馬小屋で生まれました。

 

その誕生を祝う、
降誕祭」のことなのです。

 

クリスマスプレゼントの習慣。

 

クリスマスの時期には、
祭壇への供え物と、
常緑樹が飾られます。

 

また祭典や、
贈物の交換が、
行われてきました。

 

それが今のクリスマスツリーや、
クリスマスプレゼントとして、
続いているのですね。

 

キリスト教の大事な日。

 

キリスト教の国では、
復活祭とならぶ大事な日です。

 

12月25日は休みになり、
前夜のイブと25日は、
朝からミサが行われます。

 

クリスマスは、
神聖なお祭りなのです。

 

他国の文化を受入れます。

 

日本では、
さすがに休日にはなりませんが、
それでもお祭りの感がありますね。

 

宗教や他国の文化を、
受け入れられる日本の、
素晴らしいところと思っています。

 

それでは、人々が、
平和で幸せになりますように、
静かにお祈りしましょう。

スポンサードリンク